FX攻略 移動平均線② 使い方とそのトレード結果

さて今回は移動平均線の第2弾として

複数の移動平均線を使用した取引に関して説明していきます

 

 

前回の記事をご覧になっていない方は先にこちらをご確認ください

 

 

FX上級者への道 移動平均線の正しい使い方や手法①

さてこの記事ではインジケーターの一つでもある 移動平均線についての説明と使い方を書いていこうと思う この移動平均線はトレンドの追従型であるわけなので トレンドに関しての知識が少ないとうまく利用できない可能性がある なので …

 

 

前回も書きましたが移動平均線には多くの使い方があります その中から自分なりの使い方を見つけ出す様にしましょう

 

2本の移動平均線を使う

 

 

まず最初に説明するのはクロスオーバーとも呼ばれる

ゴールデンクロス

デッドクロス

 

この二つになりますね

 

短期線が長期線を上抜けるのがゴールデンクロスでこのサインが出たら買いエントリーをします

逆に短期線が長期線を下抜けるのがデッドクロスになり、このサインが出たら売りエントリーをします

 

これは常にどちらか方向のポジションを持つことになります

 

 

もう一つ説明するのは中立ゾーンを作る方法です

 

 

これは二つの移動平均線よりも価格が上であれば買いでエントリー 価格が下であれば売りエントリーをしますが

二つの移動平均線の間に価格が戻ってきたら決済をするというものになります

 

これは一つ目と違って 常にエントリーをし続ける必要が無いというメリットがあります

3本の移動平均線を使う

 

次に3本の移動平均線で考えて期間が短い順に短期、中期、長期と仮定すると

短期が他の二つを上抜けると早めの買いサインとなり

その後に中期が長期を上抜けると買いサインとなります

 

反対に短期が他の二つを下抜けると早めの売りサインとなり その後に中期が長期を下抜けると売りサインとなります

 

 

 

特徴と対策を考えよう

 

 

ここまでで3つのサインを説明しましたが それらの特徴と負けを減らす対策を考えましょう

 

特徴として1本の移動平均線だけを使う時よりも 複数の移動平均線を使うだけサインが出るのが少しおそくなります

 

ただその分、騙しの数も減ってくると思います

 

また、前回の記事でも言った様にフィルターをかけるだけで 騙しの数は減ってくるかなと思います

 

例えばクロスオーバーや価格の上抜け下抜けを 終値が◯本連続という形にしたりするのが一般的でしょうか。

 

また、複数の移動平均線を使うときの 期間の設定なども考えていくべき要素だと言えますね

次のページではこちらで説明したサインで取引をしたらどうなるかを TradingViewのbotを作成して過去検証をしていこうと思います

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォローする

友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。