6月4日(火) 取引戦略

 

 

本日は以下の通貨ペアの取引戦略を立てました

 

  • GBPJPY
  • USDJPY
  • EURUSD
  • GBPUSD
  • EURJPY
  • NZDJPY
  • AUDUSD

 

これからの動き次第で夜には戦略が変わるかもしれませんが

現時点ではこのように考えています

 

詳しい相場分析は週末にしていますので

気になる方はそちらをご確認ください

 

 

GBPJPY

 

30分足

 

2019-06-04 10.13.59

 

 

下降トレンド中にこのようなトライアングルが発生しています

 

この記事を書き始めている時点で抜けてもいいタイミングに到達しているので

上限までもう一度戻ってきたらエントリー

もしくは下抜けた後のリターンムーブでエントリー

 

これでいいと思います

 

 

注意点としては騙しの上げが入ってから下落する可能性もありますので

上限で入った場合は前回高値を上抜け確定するまでは保有していいかと思います

 

ということで

 

損切りはトライアングル上抜け高値更新です

利確はトライアングルの目標到達値にしましょう!

 

 

※現時点で下抜けしそうなのでリターンムーブ狙いで良いかと思います

 

 

 

USDJPY

 

30分足

 

2019-06-04 10.15.11

 

これは画像を載せた上で言いますが特にエントリーする気はありません

 

ここから突っ込んで売りを入れる局面でもなく

だからと言って買いで入るサインもまだ出ていません

 

チャートからテクニカルのサインが出るまでは監視だけでいいでしょう

 

 

 

EURUSD

 

60分足

 

2019-06-04 10.18.27

 

昨日はかなり上昇をしていました

ここらで一度調整が入った場合はエントリーをしていきたいです

 

イメージとしては黄色枠でのロングエントリーですね

できればこの付近でテクニカルサインが出て欲しいところです

 

(逆ヘッドアンドショルダーやフラッグなど)

 

GBPUSD

 

30分足

 

2019-06-04 10.21.31

 

この通貨ペアもあまりエントリーしたいサインはないですが。。。

現在の上昇がフラッグとして捉えることができたら

下位足のテクニカルサインを見てエントリーしていきたいですね

 

 

EURJPY

 

30分足

 

2019-06-04 10.23.19

 

現状このような下降チャネルができていますし

その上限にいますのでショートエントリーを考えています

 

5分足

 

2019-06-04 10.23.07

 

 

ヘッドアンドショルダーを形成したように確認できます

ここで入るorリターンムーブで入ると良いでしょう!

 

 

 

NZDJPY

2019-06-04 10.28.05

 

チャネル下限にいますが

ヘッドアンドショルダーを形成するか?というところですね

 

下限で一度ロングエントリー

ネックライン抜け後のリターンムーブで追加エントリー

 

損切りはチャネル下抜け+前回安値付近で考えています

 

これは下降トレンドの転換サインになるかもしれないところなので

余裕を持って見ていきたいと思います

 

このトレードはリスクに対するリターンは大きくなると思いますが

勝率的には低いものになると思いますのでそれを踏まえたLotで挑みます

 

 

AUDUSD

60分足

 

2019-06-04 10.32.18

 

下落後の上昇チャネルが形成されていますが

これは下落に対するフラッグの可能性もあります

 

 

ですので前回レジスタンスやサポート+チャネルとなる

黄色丸付近でのテクニカルサインがあればエントリーしていきたいです

 

今日ではないかもしれませんが本命はショート狙いです

 

 

 

いかがでしたか?

 

シンプルに本日の現時点でのトレードポイントを書いていきました

もしよかったら今後もお読みください

 

テクニカルサインがあまりわからない方は僕の他の記事を読んでいってください

コメントを残す