ボリンジャーバンド、一目均衡表

動画はこちら

 

 

ボリンジャーバンドは中心の線と

それに合わせてシグマ2、シグマ3のラインが上下に出るのが一般的です

 

中心の線は移動平均線になります

 

上下の線を見ながら相場の勢いの強さを見るのに使われます。

 

シグマ2の中に相場が収まる確率=約95.4%

シグマ3の中に相場が収まる確率=約99.7%

 

と言われていますが、

 

ラインに当たったら逆張りというようなことはせずに

あくまで相場の勢いを図ることに使うのが良いです

 

また、ボリンジャーバンドにはエクスパンションと呼ばれる動きがあり

それを見て相場の勢いを確認していきます

 

エクスパンションとは相場の勢いが強い=トレンドである

ということを確認できます

 

まずシグマ2or3の上下の線が広がっていくことをエクスパンションといい

それが起きた際に相場が動いている方向に勢いがあることを示します

 

次に相場が動いている方とは反対側の線が内側に向いてきます

 

これは相場の勢いが一旦落ち着いていることを示しており

その後動いている方の線も内側に向くことで相場が落ち着きます

 

ボリンジャーバンドが広がり

 

それに沿って相場が動くことをバンドウォークといいます

バンドウォークのようなことがトレンドでは度々起こるため

ボリバンでの逆張りということは基本的に御法度となります

 

ボリンジャーバンドの使い方はあくまで相場の勢いを図るものであり、

有効活用するならばエントリーではなく

エグジット(出口)の参考にするのがいいと思います

 

 

 

 

一目均衡表

 

 

一目均衡表は4つ(5つ?)のもので表されているインジケーターになります

 

雲(先行スパン1、2)

基準線

転換線

遅行線

 

 

一目均衡表は様々なテクニカルサインが存在すると言われており

雲の入り口と出口は抜けにくい(先行スパン1、2)、

基準線や転換線で反発しやすいなど。。。。

 

ですが今回は最低限皆様に理解していただきたいサインを説明します

 

 

①雲と相場(ローソク足)の位置関係

②転換線と基準線の位置関係

③遅行線と相場(ローソク足)の位置関係

 

 

 

①雲と相場(ローソク足)の位置関係

 

これに関しては先ほど書いた通りですが、先行スパン1、2で相場は反発しやすいが

そこを抜けたらトレンド転換する可能性があるということです

 

つまり

ローソク足が上抜けると上昇トレンドになりやすい

ローソク足が下抜けると下降トレンドになりやすい

と考えることができるということです

 

もちろんこれが全てではありませんが

実際にそのような過去相場がいくつもあります

 

実際の過去チャートでのイメージ画像を載せておきます

 

スクリーンショット 2019-06-12 22.18.25

 

 

②転換線と基準線の位置関係

 

それぞれの計算式を記載すると

基準線

=(直近26本の最高値+直近26本の最安値)÷2

転換線

=(直近9本の最高値+直近9本の最安値)÷2

となります

 

これはつまり、限定した26本という期間の動きに対して

直近の9本の動きはどうなっているかを判断することになります

 

 

そのため、

基準線に対して転換線が上に行けば直近の動きは上昇傾向であると判断でき

基準線に対して転換線が下に行けば直近の動きは下降傾向であると判断できます

 

実際の過去チャートでイメージしやすいところを載せておきます

 

 

スクリーンショット 2019-06-12 22.21.34.png

 

基準線=黄色ライン

転換線=緑ライン

 

 

③遅行線と相場(ローソク足)の位置関係

 

 

遅行線というのはローソク足の終値を26本前にずらして

線で描写したものになります

 

つまり26本前の価格と現在価格を比べることができます

 

このことから考えて

遅行線がローソク足より上にあれば上昇傾向

遅行線がローソク足より下にあれば下降傾向

という判断ができます

 

 

実際の画像を見てみると

 

スクリーンショット 2019-06-12 22.26.53.png

 

 

これらの3つをまとめて一目均衡表での相場の傾向を考えると

 

 

 

上昇傾向

 

① 雲よりローソク足の方が上にある

② 基準線より転換線が上にある

③ ローソク足より遅行線が上にある

 

 

下降傾向

 

① 雲よりローソク足の方が下にある

② 基準線より転換線が下にある

③ ローソク足より遅行線が下にある

という風に考えることができます

 

 

それらを踏まえた過去チャートをいくつか見ていきます

 

まずは先ほどから表示している過去チャート場面

 

スクリーンショット 2019-06-12 22.29.56.png

 

 

実際には所々転換線や遅行線が超えてしまっているところもありますが

大きく分けるとこのようになります

 

他のチャートも載せておきます

 

スクリーンショット 2019-06-12 22.34.28.png

 

 

 

このように、毎回動くとは限らないが

大きなトレンドが起きるときはこれらが当てはまることがほとんどです

 

これだけで取引するのは危険ですが

判断材料の一つとして動かすのはベストだと思います

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォローする

友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。