市場時間と通貨ペアの特徴

 

 

以前説明したことがあるとは思いますが

相場には時間によって市場時間というのがあります

 

※日本時間で記載します

 

オセアニア市場

ニュージーランド 4時~12時

オーストラリア  8時~16時

 

東京市場

8時~15時

 

ロンドン市場

16時~21時

 

ニューヨーク市場

21時~30時

 

このように分けられています

 

 

特に各市場が開いてから、関係している通貨が動きやすいと言われています

 

 

それぞれの時間帯に気をつけるべきことを考えていきましょう

 

オセアニア市場

 

まずオセアニア市場は使う通貨ペアによってはあまり気にする必要がなかったりします

 

しかし、ニュージーランドドル(NZD)やオーストラリアドル(AUD)を

取引通貨ペアとして選んでいる場合は朝6時から見ておいた方がいいかもしれません

 

日本時間の朝に経済指標が発表されることが多く、

値動きが激しいこともあるため前日に必ず指標発表を確認しておき

寝過ごさないように気をつけるべきかと思います

 

また、基本的にはこの2つの通貨が関係している取引だけ気にすればいいですが

前日のNY時間に大きく動いていたり、週末明けの月曜日だったりは

大きく窓開けしたり活発に値動きがあったりすることもあるので

警戒するに越したことはないかと思います

 

 

東京市場

 

基本的にレンジ相場となりやすいと言われているのがこの時間帯です

 

もちろん絶対ではないが、一方通行の相場にはなりにくいという傾向があると言われています。

ですので大きく値幅を狙うのではなく小さい値幅で積み重ねる手法が好まれています

 

東京市場の終わりにかけて大きく動いた場合は

次のロンドン市場が始まった際に全否定されて元に戻ることが度々あります

 

東京でトレンドができたからといってむやみに乗っからず

謙虚に利確したり様子見をする方がいいと思います

 

また、9:55に中値(輸出入の取引の際に使うレートを銀行が公示する値段のこと)が

決まることから、その前後は値動きが前後することがよくありますので

スキャルピングトレードをする場合は気をつけてください

 

 

ロンドン市場

 

15時からドイツなどの市場が始まり、16時からロンドンの市場が始まります

 

基本的にはこれらを総称して欧州時間と呼びますが

ロンドン市場がメインになるのでここではロンドン市場と記載しています

 

ちなみに、ロンドン市場が一番の取引量になります

 

東京市場に対して6倍

NY市場に対して2倍以上になります

 

すでに東京市場の部分でも説明しましたが

ロンドン市場時間の始まりである16-18時の間に

東京市場の動きを全否定して戻ることが多々あります。

 

 

また、取引量も多くなってくるためテクニカルサインの騙しが増えてきます

 

この騙しに引っかからないために出来高をしっかり確認する癖をつけましょう

 

そしてだいたい18時以降から経済指標の発表もあります

重要な指標は見逃さないようにしましょう

 

 

ニューヨーク市場

 

これは当たり前ですが米国ドル(USD)が多く取引される時間帯でもあり、

世界の中心でもあるアメリカの経済指標が発表される時間帯になります

 

現状、アメリカの動き次第で各国の政治経済の動きが決まってくることもあり

一番トレンドができやすい時間帯であるとも言えます

 

そしてトレンドが一番できやすい時間帯でもあります

 

逆張りは控えてトレンドフォローするのが一般的です

 

 

また、ロンドンでできたトレンドに対して

NY市場に入ったら一度調整をしてからトレンド再開することが多くあります

 

これはロンドンの動きに乗っかった個人投資家を振り落としてから

再びトレンドに転ずる形を機関投資家がとっているという考え方もあります

 

それが本当かどうかはさておき

実際にそのような相場もありますので気をつけてください

 

基本的にトレンドフォローです

 

しかし、最近の経済指標の発表は昔ほどトレンドを形成しなくなっているのも事実です(2019年6月現在)

ですので、指標がトレンドのスタートとなりそうな時は

それが本当にトレンドに値する指標結果であったのか、

 

トレンドに値する位置まで相場が動いたのかを確認して

その値動きに乗っかるかどうかを決める必要があります

 

 

通貨ペアごとの特徴

 

EURUSD

 

取引量1位でもあるこの通貨ペアは世界中で取引されている

 

世界の中心通貨であるドルとヨーロッパのユーロという組み合わせから

ロンドン市場、NY市場共に大きく動くことが多い

 

値動き自体は他の通貨ペアに比べて格段に大きいということはない

 

しかし、テクニカルサインが綺麗に発生することが多い

上昇を続けていたものの直近は下落傾向である

 

USDJPY

 

EURUSDに次ぐ取引量でもある

日本では一番取引されている通貨ペアです

 

世界の中心通貨でもあるため、戦争やテロなどの有事が起きた際に

大きく動くことがあるのも特徴である

 

近年は北朝鮮との小競り合い、トランプ大統領の発言やツイート

中国との貿易戦争?というファンダメンタル要素から値動きすることが多い

 

また、レンジ相場期間も2年ほどになり近いうちに大きく動くのでは?

ということもしばし言われている

 

GBPJPY

GBPUSD
EURGBP

殺人通貨と呼ばれているイギリス通貨ポンド(GBP)

値動きが激しいことから初心者向けではないけど短期間で多く稼げるという風に言われております

 

しかしこれは値動きの大きさ(ボラティリティ)に合わせたLotでエントリーしていけば何も問題ありません

他の通貨ペアと比べて同じ動きでもボラティリティが大きいということは

利益幅も損切り幅も大きくなるということですね。

 

そこを意識した取引戦略はかなり大切になってきます

 

また、EU離脱の問題から国民投票や合意なき離脱、メイ首相の辞任などの

多くのファンダメンタル要因からポンドは弱くなっています

 

イギリスが実際にEU離脱をしてマイナス要因が出し尽くされ織り込み済みになるまでは

長期的なポンド弱は継続していくのではないかと考えられます

 

 

 

このように市場や通貨ごとの特徴を書かせていただきました

ここに書いたことが全てではありませんが

これらの特徴を踏まえた上で取引をすることで

少しでも勝率や利率が上がるのであれば覚えておいて損はないと思います

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォローする

友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。