11月13日チャート分析 〜今日の狙い目はここ!〜

おはようございます

本日のトレードの狙い目を記載していこうと思います

現時点で本日トレードを狙えそうなポイントを記載しました

動画では更に詳しいポイントも説明しているのでこちらもご確認ください

 

USDJPY(ドル円)

 

 

  • チャート表記⇨30分足
  • 方向⇨ショート
  • チャンス度⇨☆☆

 

 

スクリーンショット 2019-11-13 7.41.34.png

 

30分足でチャートを見てみると上昇チャネル下限にて

サポレジ転換が昨日書いた通り発生しています

 

更にピンク線をネックラインにした三尊を抜けてきております

 

これらから考えて、

 

 

エントリー条件

ネックラインでのサポレジ転換でショートエントリー

 

決済条件

ネックライン始点の安値更新後、4時間足の上昇トレンドラインで決済

(エントリー後のチャネル回帰or高値更新で損切り)

この形でドル円は取引していきましょう

 

 

GOLD(ゴールド)

 

 

  • チャート表記⇨30分足
  • 方向⇨ショート
  • チャンス度⇨☆☆

 

 

2019-11-13 7.41.25

 

30分足でチャートを見てみると下降トレンド中のフラッグ形成中ですので

トレンドに逆らわずショートを狙っていきましょう

 

 

エントリー条件

フラッグ上限or下抜けでショートエントリー

 

決済条件

フラッグ抜けから100-150pips

(高値のピンク線上抜けで損切り)

 

この形で取引していきましょう

GBPJPY(ポンド円)

 

 

  • チャート表記⇨2時間足、30分足
  • 方向⇨ショートからロング
  • チャンス度⇨☆☆☆

 

 

 

2019-11-13 7.41.12

 

2時間足で見てみると上昇トレンド中にトライアングルが発生しています

 

2019-11-13 7.41.04

 

そして30分足で見てみると三尊形成するか?といった形になっています

ピンクの水平線を超えるかがポイントです

 

 

エントリー条件

①三尊形成(ピンク線超え)でショートエントリー

②トライアングル上抜け(三尊右肩超え)or下限タッチでロングエントリー

 

 

決済条件

①トライアングル下限で利確

(三尊右肩超えで損切り)

 

②高値更新後、トライアングルの目標到達値で決済

(トライアングル下抜け+安値更新で損切り)

 

GBPUSD

 

 

  • チャート表記⇨2時間足
  • 方向⇨ロング
  • チャンス度⇨☆

 

 

2019-11-13 7.40.42

 

 

こちらは昨日と変わりなく2時間足で見ると上昇トレンド中にフラッグが形成されています

 

エントリー条件

フラッグ上抜けor下限タッチでエントリー

 

 

決済条件

高値更新後のフラッグ目標到達値で利確

(フラッグ下抜け確定で損切り)

 

EURJPY

 

 

  • チャート表記⇨2時間足、1時間足
  • 方向⇨ロング
  • チャンス度⇨☆☆☆

 

 

2019-11-13 7.40.32

 

2019-11-13 7.40.05

 

 

こちらは2時間足で上昇中のフラッグを形成しつつ

フラッグ下限付近+レジサポ転換ポイントを推移しています

 

 

1時間足を見て昨日のポイントを確認すると

 

逆三尊レジサポ転換でのロング⇨損切り

逆三尊崩れでのショート⇨利確

 

という形です

 

 

では、本日はどのようなポイントでエントリーするかと言うと、

 

 

 

エントリー条件

①フラッグ下限+レジサポ転換でロングエントリー

②フラッグ下抜けたらサポレジ転換でショートエントリー

 

 

決済条件

①上限タッチor高値orフラッグ上抜け後の目標到達値で利確

(フラッグ下抜けで損切り)

②119.000付近

(フラッグ回帰で損切り)

 

 

 

本日はこの5つの通貨ペアを元にエントリーを狙っていきます!

明日も更新しますのでぜひお読みください

今週中に狙えるかな?といった1週間の相場予想はこちらになります

 

 

 

FX攻略 11月2週目 相場予想、解説

さて今回は11月2週目(11日〜15日)の相場予想になります 基本的には現状の値動きの確認とそこからチャンスポイントを見つける形になります ご自身のトレードの参考にしてもらえたら幸いです。 動画での更新もしております 記事では書いていないことも話していますのでこちらもご確認ください 逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)を形成して ネックラインを上抜けしていることから成立していると言えます …

 

Twitterのフォローはこちら

公式Youtubeはこちら

公式LINEはこちら

 

コメントを残す