11月15日(金)チャート分析 〜今日の狙い目はここ!〜

 

さて、本日もチャート分析をしてエントリーポイントを説明していきます

 

昨日話したポイント1週間で狙うポイントも説明してますので

そちらも一度ご確認してください!

 

 

本日の動画はこちら

 

 

それでは本日のチャート分析を初めていきましょう

 

 

 

 

USDJPY(ドル円)

 

 

  • チャート表記⇨60分足
  • 方向⇨ショート
  • チャンス度⇨☆☆

 

 

2019-11-15 8.04.13

 

昨日行っていた青トレンドラインにて二つのポジションを利確できたと思います

だいたい+50Pips,+70Pipsの合わせて+120Pipsの利益だと思います

 

さて本日はこの青トレンドラインを下抜けしているので

そのポイントでのエントリーを考えていくのがいいでしょう

 

 

エントリー条件

4時間トレンドラインでレジサポ転換でショートエントリー

 

 

決済条件

安値ピンク線付近で利確

反発せずそのまま上昇で損切り

 

 

この形でドル円は取引していきましょう

GOLD(ゴールド)

 

  • チャート表記⇨30分足
  • 方向⇨ショート
  • チャンス度⇨☆☆

 

 

2019-11-15 8.07.51

 

30分足でチャートを見てみると幅の狭いフラッグ形成に見えます

このポイントからエントリーを考えていきましょう!

 

 

エントリー条件

フラッグ上限タッチor下限抜けでショートエントリー

 

 

決済条件

安値ピンク線付近で利確

フラッグ上抜け+高値上ぬけ

 

 

 

 

GBPJPY(ポンド円)

 

  • チャート表記⇨2時間足
  • 方向⇨ロング
  • チャンス度⇨☆☆

 

 

2019-11-15 8.08.32

 

2時間足で見てみるとトライアングルを抜けるタイミングになってきています

 

下抜けたりピンク線超えてきたらロングは損切りしますが

トライアングル抜けて上のピンク線(レジスタンスライン)やその上を狙っています

 

 

エントリー条件

トライアングル上抜けor下限タッチ

 

決済条件

①高値付近orそこを抜けて目標到達値

(トライアングル下抜け+安値更新で損切り)

※既存のポジがある人が2つ目のポジションを持った場合は

2つのタイミングに分けて利確をしていきましょう!

 

GBPUSD

 

  • チャート表記⇨2時間足
  • 方向⇨ロング
  • チャンス度⇨☆

 

 

2019-11-15 8.10.08

 

こちらは昨日と変わりなく2時間足で見ると上昇トレンド中にフラッグが形成されています

 

エントリー条件

フラッグ上抜けor下限タッチでエントリー

 

決済条件

高値更新後のフラッグ目標到達値で利確

(フラッグ下抜け確定で損切り)

AUDUSD

 

  • チャート表記⇨4時間足
  • 方向⇨ショート
  • チャンス度⇨☆

 

 

2019-11-15 8.11.24

 

 

4時間足で上昇チャネルを下抜けしているのが見て取れます

本日エントリーをするのであればこの抜けたポイント付近まで戻ってきた際の

サポレジ転換でショートエントリーをする形になります

 

 

エントリー条件

チャネル下限+レジサポ転換でショートエントリー

 

決済条件

0.67000付近で利確

(チャネル回帰で損切り)

 

 

 

 

NZDUSD

 

  • チャート表記⇨4時間足
  • 方向⇨ショート
  • チャンス度⇨☆☆

 

 

2019-11-15 8.12.26

 

 

4時間足で上昇フラッグを形成しています

直近を見ると上限にタッチすることなく下落してきています

 

これはフラッグを抜ける時の特徴と一緒です

フラッグ説明記事はこちら

 

 

エントリー条件

フラッグ下抜けでショートエントリー

 

決済条件

+100-150pipsで利確

(チャネル回帰で損切り)

 

 

 

 

 

本日はこれらの通貨ペアを元にエントリーを狙っていきます!

 

明日は1週間のまとめを開設するのでそちらもお楽しみに。

 

 

 

Twitterのフォローはこちら

公式Youtubeはこちら

公式LINEはこちら

コメントを残す